読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎのみみっく!!の非現実感

先週土曜日のお昼下がり、那珂川駅前ブロックパーティで、うさぎのみみっく!!のライブが始まりました。

僕は、ステージとなった数センチメートルだけ高くなってるスペースの最前に座り込んで、3人の女の子たちのパフォーマンスを堪能していました。

1曲終わるとすぐに新たなフォーメーションに待機してポージング、すかさず、次の曲が始まるという連続で、MCも自己紹介もありません。怒涛のパフォーマンスです。

楽曲は、フォービートありツービートあり、チャールストンありハードロック風のリフもあり、米国西海岸風もあり東海岸風のも南部風のもあり、世界旅行してる感じですww

とは言え、ラテンやレゲエやパンクは無かったかなww

素敵な楽曲群!30分以上ノンストップだったので6、7曲はあったかと。。

ダンスはスムーズなジャズダンス風のもので、ノンストップライブとは言え何処かの筋肉アイドルとは一線を画すww上品で誰にでも親しまれる雰囲気。。

そもそも衣装に肌を露出する部分がほぼ無くて(ロリータで脚はハートとダイヤ柄のアンチシンメトリータイツ)お人形のようです。

晴れ上がった青空の下、可愛らしい3体のお人形が歌って踊っているという非現実的な開放空間。。

これは一体、僕は何を観ているのだろうか、、という気持ちになっていました。。ただ、とても心地良いことには間違いない。。

スムーズとは言え、ダンスそのものは結構激しい部分もあったのですが、3人とも生歌で時折ハーモニーも付けてボーカルパートは複雑に分けられていました。。全員が一斉に歌う何処かのインディーズアイドルのパフォーマンスとはこれまた一線を画するものです。

ビッグコミック連載中のBLUE GIANT SUPREMEではありませんが

「僕はなにかすごいものを観てるのではないのか」的な思いがどんどん高まってきました。。

さらに続きます。。