読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間の流れ

薬を飲まずに寝た日は

寝たのかすら危うい。

只、時計の針が

寝た時と起きた時に

違う時を指してるだけ。

寝たんだっけ?

いつ?

何時間?

そういえば夢を見た気もするけど

寝惚けた頭で考えた

妄想だったのかもしれない。

最近は、そんな「時」を過ごしている。

眠るのが怖いと言うよりかは

深い眠りが怖いのだろう。

意識が急に無くなる感覚。

普通に寝たいよ。

少しの眠りに身を任せ

少しづつ夢の中に誘われて

幸福な夢を見たいだけだよ。

そんな些細な願いは

いつ叶うのかな。