読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書会パートナーからのメールへの返事

シェイクスピアにしましょう。世界文学でこれまでの読書会でどうして取り上げなかったのか、ぼくの中でなんとなく疎遠な感じがしていたのだと思います。

小学校低学年で演劇の授業があって、クラスだったか全学年だったか忘れましたがシェイクスピアの「ヴェニスの商人」をやることになってぼくはセリフが一回だけの陪審員の役でした。そのことのつまらなさ(端役に過ぎなかった)の思い出が、ぼくをシェイクスピアから遠ざけていたのかもしれません。

その時のヒロインのポーシャ役がクラスで一番可愛くてしっかりしていた志授生(しじゅう、この漢字だったか?)さんだった。今までイギリスはなかった(アイルランドはあったが)ので18世紀のイギリスを知るきっかけにもなっていいと思います。