読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい香りを試す場所もなく

仕方なしに

私を避けない雨にあたった

たった2分の事を、

酷く後悔している。

今じゃ、なかった。

「もう、私を覆わなくていいよ、あなたには無理だから」

線を、

真っ直ぐにひくのは

難しい。

半分子がいるのだもの。

無意識の声も

咳払いも

最初に目を合わせなかったのも、

損をする言い方も、

似ているのも。