読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約15億円の損害賠償金

東京電力福島第1原発事故に伴い、

福島県から群馬県に避難した住民ら45世帯137人が

東電と国に約15億円の損害賠償を求めた訴訟で、

前橋地裁(原道子裁判長)は17日、

東電と国に3855万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

原発事故全国弁護団連絡会によると、

同様の集団訴訟は全国20地裁・支部で約1万2000人が起こしており、

今回が初めての判決。

原告は避難指示区域からの避難者が6割、自主避難者が4割。

いずれも国の審査会が示した「中間指針」に基づいて東電から一定額の慰謝料を受け取っているが、

「古里を奪われた被害の実態に見合っていない」として、

1人一律1100万円を求めて2013年9月から順次提訴した。

原発というのは国の金を使えるから いくらでも儲けることができる。 

原発は儲かる! 

いくらでも儲けることができる!

原発立地の時は 原発立地交付金ビジネスで儲かる!

原発事故が起きた時は 除染ビジネスで儲かる!

原発裁判の時は 損害賠償金ビジネスで儲かる!

国の金だから いくらでも使える。

無限に使える。

原発ビジネスは儲かる!

広告会社は原発から金をもらい「原発は絶対に安全だ」と国民を洗脳して 儲ける!

原発は儲かる! 

いくらでも儲けることができる!

湯水のごとく金を使える。

原発避難訴訟 国に賠償命じる