読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「夢、結ぶ〜大きなくすのきの下で〜」

父が出演(脇役)した音楽劇を見てきましたv(・∀・*)

物語は戦時中の、ある町の2人の恋物語。ぶっちゃけ、物語はあんまり〜な内容でしたが、やっぱり知り合いが出るというのは楽しく、それが身内なら尚更(*´∀`)

父が出るたびに、「あ、あそこ!あれあれ!」と相方に教えるうるさいタヌ(笑)舞台に沢山の役者さん&照明が暗くなると、相方は途端にタヌ父を見失いますが、やっぱり娘は分かるもんですね(ノ´∀`*)

役柄を聞いていたから、拘りのある演技もちゃんと見れました。脇役といっても、1人1人にストーリーがあり、それをスポットライトも当たっていないのに表現するって大変なことだと思います。今回父を通して、スポットの当たらない人の、でもいないといけない人の、大切さを噛み締めました(*´ー`*)

最終幕の中盤では、父がセンターのセンターで歌って、おどって、ステップ踏みまくってる超おいしいところもありました( ☆∀☆)ソロではないけどね。

父の合唱や社交ダンスは見たことあったけど、この歳になってまた新たなことに、challengeし続ける一面が見れて、タヌもその精神を受け継いでいきたいとちょっと心動かされました(*´∀`)♪