読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珍しくうれしい話+α

 日付的には昨日。

 バイト休みだったが、呼び出され出勤。

 そこに、その日づけでやめることとなっていた(やめることは聞いていたが日付は初耳)大学生の男の子が制服を返しに職場に来た。東京への就職のためだ。

 そこで話をした。お世話になったなー的な。少し話したところで、彼は涙した。今までのことで感謝してくれたそうだ。

 俺は特別なことは何もしてないというか、むしろよく手伝ってくれてたなーと思っていたのだが。

 俺とは関係ないことで職場で揉めてたことがあったし。けどそうやって別れを惜しんでくれたことが嬉しかった。そんな人いると思ってなかったし。ある意味記念日であるw

 そういう人がいてくれたことで、意外と俺の人当たりは間違ってないのかなーと誇らしく思ったりして。

 その時、「え、俺死ぬの?」とか冗談言わなくて良かった。(←実際はしばらく後に思いついたw)

 それと、関係ないけど、SNSのアプリを消した。スマホから。だから通知はPCから開かないとわからないというw理由はスマホの容量が恐ろしく少ないから。

 データ上は16ギガだから十分と思って買ったがが、開いてみたらびっくり8ギガ弱。ゲーム少し入れたらもう一杯。ありえん・・・メールもセンターに留まったままという現象も起こり始めたのでいよいよヤバス。4月末にはまた替えないと。

 バッテリーとRAMだけ見るんじゃダメですな。