読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

特養に勤めていた頃、よくお世話させていただいていたある女性の夢を見た。

どうしてらっしゃるんだろう。今でもふと思い出すお人の一人だ。

退職して三年、あの頃お世話させていただいた方達は、お亡くなりになった方も多いだろう。

チクリと胸が痛まないわけではないが、その後の消息など知る術もなく…。時々ふと思い出すのみである。